このページの先頭へ

MIZUICHI INFORMATION

みずいちのアレコレについてお知らせ★

生徒の意見を取り入れた
制服が好評です!

 現在の制服は、1997年、創立40周年を機に作られました。ストレートグリーンのジャケットにチェックのスカート、パンツ。カラーはもちろん、スカートのひだの数や長さなど、生徒や保護者の意見を取り入れ、時折マイナーチェンジも行っています。水色のシャツに、エンジとグリーンのレジメンタルリボン・ネクタイでアクセント。かわいい&かっこいい制服として人気です!

冬服

夏服

食を通じて岩手に貢献!

県南唯一の調理科があるみずいち。本格設備を備えた調理室も自慢のひとつです。昨年は、この調理室から誕生したメニューが快挙を成し遂げました!調理科3年(当時)千田晏図くん考案の「奥人鍋」が、「食の黄金文化・奥州料理コンクール2018」で審査員特別賞を頂きました。「奥人鍋」と命名したこの鍋は、江戸時代、外国との玄関だった長崎で食べられていた「唐人鍋」を前沢牛のバラ肉を使ってアレンジした料理です。

奥人鍋

「ICT教育」で勉強はばっちり!

大学進学を希望する生徒の増加を背景に、水沢一高では2015年10月から「ICT教育」を導入しています。ICT教育とは、情報通信技術を活用した自主学習カリキュラムのこと。大学受験はもとより、英語検定や公務員試験、大学入学試験まで対応した3,000講座を、パソコンやスマートフォンを使ってどこでも、いつでも受講することができます。

利用している生徒の声

ICT教育のメリットは、繰り返し学べること、授業の予習ができること、自分の好きな時間に学びたい教科が学べることです。授業形式でわかりやすいので、苦手教科の克服と、得意教科の点数アップにつながっています。医療系の国公立大学進学を目指し、効果的な学習を進めています。

普通科2年
鈴木 萌夏さん
(江刺東中学校出身)

担当の先生から

大手予備校講師による約3000種類もの講義を何度でも視聴することができ、小・中学校の学習の学び直しから、難関大学の受験対策まで、幅広く利用できます。難解な内容や問題が出た時には、スロー再生や一時停止などを活用し、自分に合った進め方ができるので便利です。

菊池 一俊先生
(物理担当)