このページの先頭へ

留学のご案内

将来の可能性を広げよう!
MIZUICHIの留学

 高校時代に経験する海外の生活や文化は、柔軟な感受性を刺激し、広い視野を育てます。語学の習得はもちろん、さまざまな価値観を知ることで、将来への可能性も広げてくれます。水沢一高では、台湾やカナダなどの高校と提携を結び、留学を積極的に推進。研修費用の補助や会話講習の実施などを通し、生徒の留学をサポートしています。

カナダ、台湾と提携

 2013年から、カナダとの交流事業が本格的にスタート。毎年5名位の留学生を派遣しています。留学前からホストファミリーとコミュニケーションを取り、留学に備えます。
 2015年7月には、3名の水沢一高生が台北市内にある大理高校を訪問。2016年5月には、大理高校の生徒5名が2週間の日程で水沢一高に留学。水沢一高生の自宅にホームステイしながら、学校行事などを共に楽しみました。2017年1月には台湾を訪問、5月には5名の生徒を迎えています。

ネイティブスピーカーを交えた会話講習

 現在、英語と中国語とフランス語の会話講習を実施。コミュニケーション力を育むことを目的に、授業とはまた一味違うフレンドリーな雰囲気のなかで行われます。日常生活により近い語学学習で、留学に備えます。

体験Report【短期留学】

言葉の壁を超える台湾の方々の優しさ

 ずっと行ってみたかった台湾への留学が決まり、行きたい場所や見たいものがたくさんあったので、とても楽しみでした。その一方で、言葉や文化の違いなど、初めての海外ということで不安も多かったです。しかし、いざ台湾へ行ってみると、言葉の壁を感じるよりも、台湾の方たちが優しく親切に接してくださる姿に感動しました。たった1週間という短い期間でしたが、多くの場所を観光し、台湾の文化や食についても知ることができ、貴重な経験となりました。

普通科・総合コース2年
小原 佳奈さん
(若柳中学校出身)

留学先:台湾 台北市大理高校
留学期間:2017年1月(8日間)

夢を叶えたい私に必要なこと

 将来、通訳または国際ホテルの仕事に就きたいと考えており、自分がこれまで学んできたことを確かめたくて留学しました。自分のレベルを再確認し、新たな課題も見つかったので、さらに学びを深め、実践していこうと思います。大変なこともありましたが、友達が優しく手助けしてくれて、楽しい一週間を過ごすことができました。台北101から街を見渡した時のきれいな景色は、忘れられません。留学で学んだことを次のステップに繋げ、いつか日本と外国との架け橋になりたいです。

調理科3年
渡辺 咲さん
(埼玉県藤久保中学校出身)

留学先:台湾 台北市大理高校
留学期間:2017年1月(8日間)

何事も挑戦することが大切だと知りました

 私は将来、英語を使った仕事に就きたいと考えています。少しでも英語を定着させたいという思いから、カナダへの短期留学を決めました。この留学を通して、挑戦することの大切さを学びました。自分の言いたいことを上手く伝えることができず、戸惑ってしまうこともありました。しかし、このような経験が、挑戦しようとする精神的な成長につながったと感じています。異なる文化を肌で感じることで、価値観や物事に対する視野を広げることができました。

普通科・進学コース3年
那須川 絢也さん
(水沢南中学校出身)

留学先:カナダ Mc Math高校
留学期間:2016年12月(1ヶ月間)

思いやりの気持ちは世界共通でした

 異文化にふれ、自分の世界を広げたいと思ったのが留学のきっかけです。ホストファミリーや友達は優しく、簡単な単語を使って話してくれて、間違っている時は教えてくれました。留学を経て、相手の気持ちを尊重すると共に、自分の気持ちも大事にして相手に伝えられるようになりました。
 留学に行って、英語を学びたいという気持ちが強くなりました。ここで学んだことを、大学進学後も生かしていきたいです。知らない土地に飛び込んだ経験が、これからの人生の自信になりました。

普通科・進学コース3年
高橋 紗矢さん
(東水沢中学校出身)

留学先:カナダ Mc Math高校
留学期間:2017年1月(14日間)